誰でも簡単にすっぴんメイクをする方法・メイクのポイント

すっぴんメイク

すっぴんのように見えるけれど、化粧はしているスッピンメイク。男性はすっぴんメイクが好きな人が多いですね。

 

芸能人の間でも、ブログなどで、すっぴん写真を載せる方が多いですが、実はすごく上手なすっぴんメイクだったりします。
また、シチュエーションに合わせて、カッチリメイクとすっぴん風のナチュラルなメイクを使い分けて、ギャップを作れるのもすっぴんメイクが人気の理由の一つです。

 

そんな男女から人気のすっぴんメイクの方法をチェックして、流行りの顔を目指しましょう!

 

 

すっぴんメイクの方法

手抜きメイクとスッピンメイクはちがうので気をつけてください。
洗顔、保湿、下地、ファンデーションはきちんと行います。

 

各パーツごとのすっぴんメイクのポイント

ベースメイク・ファンデーション

ファンデーションはマット系ではないものを選び、くすみがあればコンシーラーを使います。

アイメイクのポイント

アイシャドウは大きなラメの入った色は避け、なるべく肌の色に近いゴールド系か白を使います。
目元の印象が明るくなればいいので、使わなくても良いです。

 

アイラインは、ブラウンを選び優しい印象にします。
睫の際を埋めるイメージで引いていき、目を囲ったり、太く引くことのないように気をつけましょう。

 

アイシャドウを筆にとってアイライン代わりにするのもいいでしょう。

 

マスカラはあくまで自然に自睫よりも、少し太く長い程度で良いです。
眉毛はふんわり隙間を埋めるように描いていきます。

 

ペンシルよりも、パウダーがおすすめですが無ければ上からハイライトなどでなぞり、ぼかしましょう。

 

チークで血色の良い肌を演出

頬はラメの入っていないチークでほんのり色づけ。

 

口元のメイクポイント

唇は血色が良くみえるようピンクを使いますが、こちらもほんのり色づく程度でいいでしょう。

 

すっぴんメイクのポイントは化粧下地にアリ!

ポイントはあまり色を主張せずメイクをし、あれこれ足しすぎないということがすっぴんメイクには重要ですね。

 

ナチュラルな分、しっかりと肌をカバーする化粧下地やファンデーションを使うことで、薄付きでも毛穴や小じわ、クマなどを自然にカバーすることができるので、まずはすっぴんメイクに合った化粧下地やファンデーションを見つけるのがポイントです。

 

 

シルキーカバーオイルブロック


関連ページ

メイク後の仕上がりで差をつける
すっぴんの時とメイク後の仕上がりに違いがしっかりと感じられる、おすすめのすっぴんメイク用の化粧下地「シルキーカバーオイルブロック」は毛穴やしわをカバーしながら簡単に肌の悩みをツヤのあるすっぴん風に仕上げてくれる人気の化粧下地です!